ブログを開設しました!

みなさん!はじめまして!
アメリカにあるアーカンソー州立大学に大学留学をしているかずきちと言います。
今回、自分自身4年生になり今年で大学も卒業(予定)!です。
そのため、いままでを振り返り、また今後の進路を考えるそのプロセスの一つとしてブログを書かせてもらいます。

高校、そして大学時代の最初の方では
“かずきちのシネマレビュー”
をAmebloで書いていました。

アメリカに向かう
初めてアメリカに向かう4年前の自分

これを見たら分かるのですが、昔の自分の夢は映画監督になることでした。
もうひとつの夢にコンピュータで世界を変えたいというものもあるのですが、これはまたのちほど話します。

小さい頃から僕は映画が大好きで、高校時代はたとえ寝る時間を削ってでも映画鑑賞に明け暮れていました。
留学をしようと決めたのもその時のことです。
というのも、大学ではなくアメリカの専門学校に進学して映画の勉強に専念したかったのです。
高校時代、僕はたくさんの刺激的な仲間と過ごしていました。
芸人を目指している人や、絵で世界を変えようとしている人、音楽のことしか考えていない人。
そんな中での生活は僕にとって夢のようなものでした。
そして一緒に映画を作り、夢を語りたくさんの思い出作りをしました。

しかし、親には専門学校に行く事を反対されました。
なぜ反対されたのかを考えているうちに、映画監督はみんなたくさんのことを知っていて、
映画を学ぶのではなく映画はそれを通して世界を表現するツールであるということに気づきました。

引き出しの無い人間に面白い作品は作れないのです。
そこで、僕はアメリカの大学に留学し自分の世界を広げようと思いました。
とても単純な理由でした。

それから四年間、メディア学を専攻し、映画を勉強するとともに映像の流通や効果的なメディアの使い方などを学びました。
そして、広告のおもしろさに気づきました。
断言できるのは、
広告業は世の中でもっとも幸せな、仕事。です。
人の興味を引き出すことを仕事に出来て、世の中のイメージや流行をメディアを使って創りだす。
もっと言えば、人の生活に色を付ける仕事なのかなと思っています。

いきなりブログ開設の挨拶でこんなに長々と書いてしまったのですが、
僕はこの広告という仕事を自分の天職に出来るようにメディアと広告
そしてそこに繋がってくる生活や時代と言った部分を中心にこの場所で考えを巡らせていきたいと思っています。

それに加え、映画の話、留学の話も交えていきます。
では、よろしくお願いいたします。

アーカンソー州立大学4年
2014年2月1日 松永 一樹

広告

アーカンソー州立大学留学4年生|新潟県出身|メディア専攻